完成図
髪長姫(かみながひめ)
五世紀頃(古墳時代)髪長姫はその美貌(びぼう)で都にまで知られており、時の皇太子大雀命(第16代の仁徳天皇)は難波の高津宮に上がられた姫を一目御覧になりその美しさに心を打たれ、竹内宿祢大臣に頼んで応神天皇に請願して皇太子妃とされました。
A4サイズ ダウンロード








移動0、幅:0、高:0